ウォーターサーバーを最大限活用して快適な日常生活を手に入れよう。

>

ウォーターサーバーの注意点

この記事をシェアする

お金はどのくらいかかる?

最も気になる点の1つに、ウォーターサーバーを置くためにいくらくらい必要なのか、という事ですよね。
細かくどの部分にコストがかかるかと言うと、「水代(1回の配達で12リットル平均2本)」「ウォーターサーバーの電気代」が必ずかかります。
また、サーバーのレンタル料金は無料としている会社が多いものの、サポート料金として月額定額料金を設定している場合も多いです。
以上のコストを考えると、大体平均で¥4500程度のランニングコストは見積もっておく必要があるでしょう。
お水は契約本数が毎月届くので、しっかり活用しないと無駄にしてしまう可能性もあり注意が必要ですね。
さらに、契約期間中での違約の場合は違約金もかかる可能性があります。
契約の際にしっかり確認するようにしましょう。

美味しいお水も…。

いくらおいしくて安全なお水という点が売りのウォーターサーバーのお水であったとしても、管理がずさんであれば逆効果になってしまう可能性があります。
水道水と違って、ウォーターサーバーの水には塩素が含まれていません。
そのおかげで味は良いものの、雑菌が繁殖する可能性もみすみす逃せないのが現実です。
ウォーターサーバーの蛇口が清潔であることも必要なので、定期的なメンテナンスが必要でしょう。

お湯が出る部分は、安全性を踏まえて蛇口を堅くしてあったり簡単には排水されないようになっているものが多くなってきました。
しかし、お子さまがいるお家では不意の事故にも注意が必要ですね。

色々な注意点をしっかりふまえて、上手にウォーターサーバーを活用できるようにしましょう。